18cmフライパンでホットケーキをオーブン焼き!

キッチンのガス台に置いた18cmフライパンの中に焼き立てのホットケーキ

子供の頃から変わらず、ず〜っと好きな食べもの。毎日ではないけれど、時々わざわざつくってでも食べたいもの。それがホットケーキです。

ちびくろサンボぐりとぐらガブリちゃん。子供の頃は、ホットケーキが出てくる絵本も好きでした。

ホットケーキをいくらでも、自分で焼いて食べられる。

大人になってよかったな〜

でもホットケーキを焼くのは手間がかかる

フライパンにつきっきりの火加減調整が、時間がかかって面倒くさい。

熱したフライパンをぬれぶきんの上にのせて冷ます、と作り方に書いてありますが、それをやるとふきんが痛んでしまう。1枚目はまだいいけど、2枚目、3枚目と焼くと、結局焦げてしまうし。

有元葉子さんの鉄のフライパンはオーブンにそのまま入れられる

料理家の有元葉子さんが監修した鉄のフライパンは、18cmから30cmまで4つの大きさがあります。一番の特長は持ち手が短いのでそのままオーブンに入れられること。

18cmのフライパンは、26cmの普通サイズと比べるとかなり小ぶり。

18cmフライパンと26cmフライパンの比較

こんなに小さくて役に立つのか疑問でしたが、有元さんの著書「私のフライパン料理」(文化出版局)を読んで購入を決めました。

見た目は小さくても実際は容量が大きくて、卵5個とじゃがいも4個を使った卵焼きもたっぷり入ってしまいます。

材料を混ぜて塩こしょうしてオーブンで焼くだけ。簡単なのに、手がこんだ料理に見えるし、なによりおいしい。

ガス台の上に置いた18cmフライパンの中にじゃがいものフリッタータ
有元さんの卵焼きレシピ「じゃがいものフリッタータ」。イタリア料理?

18cmフライパンは、ホットケーキミックスひと袋にちょうどよい大きさ

意外にも使いやすい18cmフライパンですが、私にとって一番嬉しかったのがホットケーキのオーブン焼きです。

ホットケーキミックスの箱は、150グラムか200グラム入り(約4枚分)の袋が2つ入っている場合が多い。袋ひとつ分にフライパンの大きさがぴったり。

さあ、ホットケーキを作りますよ!

ガス台の上に置いた18cmフライパンの中にホットケーキの生地

まず、ホットケーキミックスの箱に書いてある通りに、卵と牛乳で生地をつくります。

フライパンを火にかけてサラダ油を少し。熱くなったら生地を流して火を止めます。

そのまま余熱したオーブンへ。170°で様子を見ながらだいたい20分〜25分ぐらい焼きます。もし表面が焦げそうだったら、アルミホイルをかぶせます。つまようじを挿して生地がついてこなければ出来上がり。焼いている間に、他のことができちゃいます。

ふんわり、ホカホカ。バターとメープルシロップ。とってもおいしい。

一度に食べきれない分はラップして冷凍。ガス台のグリルやオーブントースターで温めればまた焼き立てを味わえます。

4つのピースに切り分け田ホットケーキがまな板の上に。右側にナイフと18cmフライパン

人数が多かったら、フライパンごとど〜んと出して、切り分けても楽しそう。

まあ、ウチはそんな楽しい機会はなさそうだけど。。

関連記事