箱根湿生花園で秋の山野草散歩。仙石原すすき草原まで歩いちゃうよ!

箱根に観光スポットは数々あれど、「箱根湿生花園」は、どんな場所なのか想像するのが難しい。観光スポットというより研究所のようにも思える施設名。

それが、、、

こんなに素敵な植物園だったなんて!

箱根の自然そのままの園内では、湿原で育つ植物や季節の草花、高山植物など約1700種もの植物を育てています。四季折々、素朴な花々が開花。

広々した園内には林や小さな滝、池もあり、変化に富んだ景色が。さらに木道を進めば一気に視界が開けて、山を眺めながら草原を歩く爽快なウォーキング。

箱根湿生花園から仙石原のすすき草原は歩いて15分ほど。植物園を楽しんだら、そのままゆっくり歩いて金色に輝くすすきを見に行こう!

仙石原すすき草原

神奈川にひとつしかない湿原にある植物園

箱根湿生花園は1976年開園。神奈川県唯一の湿原、仙石原湿原の保護・保全のために建てられた箱根町立の植物園です。標高650メートル。

箱根湿生花園の重厚な入り口

箱根湿生花園の駐車場は2つ

車で行く場合は小田原方面から小田原厚木道路・西湘バイパス経由で。御殿場方面からは東名高速経由で。どちらのルートでも最後は仙石原の交差点にたどり着き、花屋さんのあるY字路を右に入ると、進行方向に第一駐車場、反対車線側に第二駐車場があります。合わせて約100台収容可能。大型観光バスも9台まで収容できる大きな駐車場です。

第一駐車場。9月の祝日午後13時ごろ。

第一駐車場はロータリーになっています。満車の看板が出ていても、一応入ってみるのがおすすめ。駐車スペースが空いていることも。

下の写真が第二駐車場。まだ余裕があります。

第二駐車場。9月の祝日午後13時ごろ。

駐車場を通り過ぎてしまうとそのまま片側1車線の道が続くので、どこかで切り返してUターン。(経験者)

園内をゆっくり歩いて爽やかウォーキング

木道は整備されて歩きやすい。順路に沿って歩いていくと、途中で健脚コースと近道コースに別れます。ぜひ健脚コースを。平坦な道なので、どこまでもラクに歩けます。

園内の秋の草花。バラやユリのように華やかな花ではないけれど、この植物園ならでは、箱根の自然そのままの展示。

アサマフウロ(浅間風露)長野県浅間山にちなんだ名前。絶滅危惧種。
ワレモコウと山白菊
木道沿いに歩くと草原が見えてくる
紫式部の実が紫色に色づいて
サクラタデが一面に咲くお花畑

仙石原すすき草原まで歩いてみよう

湿生花園を出て第一駐車場を背に右へ行けば星槎大学箱根キャンパス前を通ってすすき通りへ。左へ行けば湿原通りへ。どちらも仙石原すすき草原に通じています。

すすきの波が黄金色に輝き、どこまでも続く風景は夢の中を歩いているよう。通る車も、速度を落としてゆっくりと過ぎていきます。

この日の万歩計は約1万歩。秋の風に吹かれてたっぷり歩きました。

箱根湿生花園は3月〜4月の水芭蕉も有名です。11月〜翌3月までは冬季休園。

箱根に来るたび、訪れたい植物園、発見です!

関連記事