横浜市のごみ分別。傘を分解してごみに出します!

分解した傘

横浜市では、傘はそのままでは収集してくれません。まず骨と布を分けます。通常用途の傘ならサイズ指定はなし。どんなサイズでも骨は小さな金属、布やビニールは燃やすごみ。粗大ゴミにはなりません。

傘の分解って面倒だけど、ハマの流儀で傘を分解、分別してごみに出します!

傘だけに、結構「骨」が折れるんです

休日の午後、じっくり向きあってみました。まず、骨の先についているプラスチックのキャップを外します。骨の鋭い先端に注意。

次に、傘布に縫い付けられているキャップを握りハサミで切り取ります。

内側の骨に縫い付けられている傘布も糸を切って外します。傘布が固く縫い付けられていることがありますが、はさみで縫い付け部の周囲を切れば、外せますね。

骨と傘布に分解できました!ところでこの傘、全長82㎝もあるんです。横浜市では、30㎝以上の金属製品は「粗大ゴミ」として有料収集です。傘も粗大ゴミなの?

チャットボットの分別案内イーオに聞いたら、ちゃんと教えてくれました!粗大ゴミじゃないんですね。持ち手もそのままでOK。

ちょっとなごむイーオとの会話でした。

横浜市の主なごみ分別施策

横浜市がごみ分別を市民に浸透させようと工夫する姿勢は徹底しています。PRが浸透しているからこそ、「横浜市のごみ分別は厳しい」という印象があるのかもしれませんね。

ごみと資源の分け方・出し方市内のごみ出し情報が集結!
プラ製ごみの分別なぜ?なぜ分別するのか?市民の疑問にお答え
生ごみの減らし方5つの水切り方法を豊富な写真で徹底解説
よこはまプラ対策2020年3月に始まったプラごみ削減に特化した公式Twitterアカウント
Mictionaryごみ分別辞典。シンプルな検索窓に単語を入力
イーオのごみ分別案内チャットボットの分別案内。ゆるい会話も楽しめる

神奈川県の中で比べてみると

ごみ有料で個別収集の大和市海老名市(一部導入)、缶やびんを種類別に分ける綾瀬市などと比べても、横浜市の分別が特別厳しいということはありません。

しかし、分別のために必要な情報を明確に、さまざまな手段を講じて伝えていく横浜市の取り組みにはリスペクトを感じます!

ごみの分別、やるしかない!

関連記事

    関連記事はありません