プレッシャーに圧倒されて、リラックスできないとき。「今、なんでもできる自由時間があったら、何したい?」

春はもうすぐ

環境がガラリと変わってしまうことってたまにあります。

会社生活だと、転職・転勤、部署異動、担当業務の変更。部下を持ったりして、自分の役割が変化したときなんかもそうですね。

気がつくと、今までのやり方ではうまくいかない。でも、新しいルールも、正解も分からない。

誰と誰が繋がっているのか、人間関係が分からない。専門用語、業界用語が満載で、相手の話が理解できない。質問もできない。それでも次々仕事がふってきて、残業が増えていく。

「なにが分からないのか、分からない」状態

これが一番最悪。こんな時、どうやって乗り越えたらいいんだろう。

リラックスする方法を教えて

会社の友人とひさびさにリモートで雑談していると「最近、よく眠れないんだよね」と。

彼女は去年初めて課長さんになりました。「疲れているから寝つきはいいんだけど、深夜2時ぐらいに目が覚めて、そのあと眠れないの」

聞けば、部下は全員彼女より実務経験豊富で、年上の方もいるそう。新任課長に対する不満を色々ぶつけられて、精神的にまいっているらしい。

「休日に家事や趣味をやっても、仕事のことばかり考えて結局リラックスできない。どうしたらリラックスできるのか、誰か教えて」

頭痛や腰痛にも悩まされているらしい。結構やばいかも。

自分を変えないと、うまくいかない

プレッシャーを感じるときって、自分が変わらなければならないタイミングじゃないのかな、と思います。

毎日料理していた人が、食事をまるごと配食サービスに変えて、その時間で別のことをやる。そのぐらい根底から変えないと、新しい環境でものごとが進まない。

でも、自分のマインドを変えて、慣れ親しんだやり方を変えて、相手と信頼関係を築いていくには、ある程度の時間が必要。サナギが脱皮するには、冬を乗り越えないと。

場合によっては、「やっぱり自分には向いていない」と、方向転換することもある。

もし今、何でもできる自由時間があるとしたら

自分にもそんな時がありました。

家族や友人と離れて、見知らぬ土地にひとり(単身赴任というやつですね)。毎日残業しても終わらず、週末も出社。

深夜、タクシーを待ちながら実家に電話すると、家族が楽しそうに食事している雰囲気が伝わってくる(日本と時差があったんです)。

「私、ここでいったいなにしてるんだろうな、、」

こう思うようになってしまったら、終わってますよね。

私の場合は、「やっぱりこの仕事は自分には合わない。職場を異動したい」という結論になりました。でも、次の職場は見つからない。憂鬱な日々が続きます。

そんな時です。

愚痴を聞いてくれた友人が、「もし今、何でもできる自由時間があれば、なにがしたい?」と。

ふいに口から出たのは、「何でもできるなら、車の免許を取りたいな。時間ないから、無理だけど」

当時住んでいた地域は車社会。移動はマイカーが当たり前でしたが、免許を持っていなかった私はバス通勤でした(深夜はタクシー)。

「何かひとつでも、自分のやりたいことをやってみなよ」

今は無理だよ、と思ったんですが、次の瞬間には「そうか、やってみようか。」という気持ちになっていました。

リラックス=仕事のことを考えない時間

プレッシャーを感じて、先が見えなくて、八方塞がりで、自分が情けなくて。そんな時、「もし、今自分に何でもできる自由時間があるとしたら」と考えてみると、発想の転換になります。封建時代じゃないんだし、自分は自由なんだ、って思い出せます。

そして、なんとかやりくりをつけて、それをやってみる。

私は、その後半年かけて免許を取り、中古の車を買いました。赴任地で車通勤する夢がかなってすぐ、次の職場が決まって帰任。初めてのマイカーは数ヶ月で、また売りに出すことに。

あっけない結末でしたが、自動車学校に通い、試験を受けて落ちて、またチャレンジして、と会社とはまったく違う世界に1時間でも身を置くことで、いつの間にか少し「リラックス(仕事のことを考えない)」してました。

マイカーで自宅近くを徐行していた時、偶然反対車線から来たタクシーとすれ違って、「免許取ったの!?大事なお客さんがひとり減っちゃったな」とドライバーさんが窓を開けて手を振ってくれたのは、良い思い出。

「リラックスする方法を教えて」と言っていた友人には、そんなことを伝えたい。

「今、何でもできる自由時間があったら何がしたい?」ぜひそれを、今やってみて。

関連記事