冬の大岡川ウォーキング!弘明寺から横浜港・大さん橋へ7.3キロ!昭和の商店街は、みなとみらいの夜景へ続く

河川敷ウォーキングが楽しい!

2023年12月末、いつもの友人とともに神奈川県、横浜市・南区の京急線弘明寺駅から横浜港・大さん橋を目指して歩きました。

桜で有名な大岡川だけど、冬はみなとみらいのイルミネーションを目指すショートウォーキングに最適。

スタートの弘明寺駅を出るとすぐ、昭和のアーケード商店街が。途中で曲がれば大岡川。美しい橋が続く歩道をゆっくり歩けばランドマークタワーが見えてくる。そのまま海沿いを大さん橋まで。夕焼けに浮かぶ影絵のような街を眺めて、今年1年を振り返ったりして。陽が落ちたら、みなとみらいのイルミネーションが輝き出す。

普段の川歩きは、午前中から夕方まで15キロぐらいは歩いてしまう私たちだけど、寒い冬は短い距離を歩くのがいい。7.3キロ、約2時間のゆっくりウォーキング!

河川敷ウォーキングは、、

  • 河川敷はアップダウンがなく、基本まっ平。
  • 川に沿って歩くので、道に迷うことがない。(たまに迷うこともある)
  • 途中でリタイアしてバスや電車に乗って帰宅もOK。
  • 雨やトイレの際は、付近のコンビニやお店に避難できる。
  • どこまで歩くか、ゴールを柔軟に決められる

必要な持ち物はスマホ(地図アプリ)、帽子&サングラス(河川敷は日影が少ない)、飲み物など。あとは季節や天候に合わせて選べばOK。歩きやすい靴はマスト。服装は暑さ寒さで脱ぎ着がしやすいものがオススメ

河川敷ウォーキングの楽しみのひとつは、一緒に歩く人とゆっくり話ができること。ゴールしたら駅前を探索して、地元のおいしいお店で乾杯しよう!

これまでの河川敷ウォーキングの記事はコチラ→ 河川敷ウォーキング

大岡川ウォーキングのコース

さっそくウォーキングスタート!

坂の途中にある弘明寺駅

横浜駅から京急線で10分ちょっとの弘明寺駅。駅のすぐ裏手には、1300年の歴史をもつ横浜最古のお寺・弘明寺観音があります。

駅は弘明寺坂の途中にあり、その先は住宅街。車が通れない細い階段を、プロパンガスの重いボンベを背負って配達の方が登って行きました。この辺りは坂が多い。

昭和レトロな商店街から大岡川へ

弘明寺駅前の坂を下りはじめてすぐ、おいしそうな匂いがしてきた!

まだほとんど歩いてないけど、今川焼を買って立ち食い。春なら大岡川まで持って歩いて、ベンチでおやつも良さそう。

たくさん買うほど1個あたりの価格が安くなる。

坂はそのまま弘明寺かんのん通り商店街へ続きます。もともと弘明寺の参道だったという歴史ある商店街。今も、暮らしを支える様々なお店が元気に営業しています。

歩くだけでもテンション上がる!

昭和の雰囲気が残る商店街。近所にあれば嬉しいなあ

大岡川と遭遇

商店街の真ん中あたりを、大岡川が横切って流れていきます。

ここで商店街とはお別れ。川沿いに遊歩道を進みます。

大岡川に架かる橋は、どれも色鮮やかで美しい。大岡川沿には22もの橋が架かっているというけど、この大井橋は関東大震災(1923年)後、復興した当時の姿そのままとのこと。

遊歩道の桜並木。春は屋形船から桜見物もできる。キレイだろうなあ。

大岡川の遊歩道は歩きやすくて、トイレもベンチも多数。散歩には最高。

横浜ランドマークタワーが見えてきた

遊歩道をまっすぐ進むと、いつの間にか遠くにランドマークタワーが。

いきなり大岡川にカモメの大群。海に近づいてるんだね。

近くに寄っても泰然としてるカモメたち。人に慣れているみたい。

そうそう、神奈川県の鳥はカモメだったよね〜

みなとみらい地区へ

ランドマークや高層ビルがどんどん近づいてきて、みなとみらい地区へ突入。昭和の町並みから、一挙に近未来へワープ。

大岡川の遊歩道は、そのまま横浜市役所裏のプロムナードに続いてます。

すっかり都会の景色

見上げると、2021年に運行開始した都市型ロープウェイ「エアキャビン」が。乗車時間約5分で、桜木町駅と対岸の新港ふ頭を結んでる。

乗るなら夕方がおすすめ。夜景がキレイ

ゴールの大さん橋まで、あと少し

大岡川が海に到達したところで、私たちも海岸通りを東へ。丘のように盛り上がって見える大さん橋を左手に、どんどん歩きます。

いい感じで夕方になってきた

大さん橋に到着!

屋外デッキは24時間開放されていて、誰でも無料で入れます。

船の形に似た広〜い木のデッキから、360度ぐるっと横浜港が見渡せる。気持ちい〜い!

ベイブリッジも一望

実はここ、ウェディングフォトの聖地。とにかく敷地が広いから、一般の見学と同じ場所で撮影しててもまったく問題なし。みんな遠巻きにカップルの幸せを祈ってます。

カメラマンは、右上の一段高い場所から指示出し。「目線、上で〜!!」

大さん橋でゆっくり休憩

大さん橋は、屋内スペースも広々。もちろん入場無料。椅子やベンチもたくさんあって、ゆっくり休憩できます。

自動販売機のコーヒーと持参したお菓子を食べながらおしゃべりに花が咲きました。寒い冬は短い距離を歩いて、温かい場所で休憩&おしゃべりがいいよね〜

横浜の街が夕闇に包まれて

大さん橋の正面玄関を出ると、横浜三塔(ジャック・横浜市開港記念会館、クイーン・横浜税関、キング・神奈川県庁本庁舎)が影絵のように浮かび上がってました。

屋外デッキでは、3脚を立てて準備するカメラ愛好者の皆さんが。ここから見える横浜の街はキレイなんですよね。夜景は特にね。

大さん橋の東側は中華街、西側は山下公園や赤レンガ倉庫。王道の観光ルートは、この時期イルミネーションがきらめいて、寒いけど楽しい街歩き。全部徒歩で歩けます。

そして18時を過ぎたころ、、みなとみらい地区のビルが一斉に点灯!

実はこの日(2023年12月22日)は、年に一度のみなとみらい地区「全館点灯」の日でした。

シメの乾杯は、、

イルミネーションを楽しみつつ、みなとみらい駅まで歩いて、今日のシメはインドカレーのお店「カザーナみなとみらい店」で。

寒さを吹き飛ばすスパイシーなカレーとインドビールで乾杯!

時空を超える大岡川ウォーキング

昭和の懐かしい商店街から始まって、近未来の街から雄大な海へ。最後はイルミネーションの光がなにもかもリセットしてくれた感じの、大岡川・冬ウォーキング。

短い距離だったけど、タイムマシンで時空を超えたような、面白いウォーキングでした。

大岡川ウォーキングは、春だけじゃないね!

今年も終わりが近づいて

イルミネーションが輝き出すと、また一年の終わりがやってくる。早いものだなあ〜

一年お疲れ様でした!!

来年はどの川を歩こうかな。

これまでの河川敷ウォーキングの記事はコチラ→ 河川敷ウォーキング

関連記事